NZXTの簡易水冷「Kraken Z」シリーズが時計表示に対応!設定方法を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

当ブログの閲覧ありがとうございます。
管理人の「めてお」です。

先日、NZXTの統合ソフトウェア「NZXT CAM」がアップデートされ、
簡易水冷「NZXT Kraken Z」シリーズに「Clockfack」モードが追加されました。
それに伴い、ディスプレイに時計表示が出来るようになりました。
今回は、そちらの設定・カスタマイズ方法を解説していきます。

本機能は「NZXT Kraken Z」シリーズのみ対応しています。
Xシリーズなど、液晶モニターが無いものは対応しておりませんのでご注意ください。

Contents

NZXT CAM を 4.37.0 にアップデート

「Clockfack」モードは、NZXT CAM バージョン4.37.0 より対応しております。

NZXT CAM を所持していない又は最新バージョンでない方は、下記リンク先よりダウンロードできます。

https://nzxt.com/software/cam

左にある「設定」の項目の一番下に「version」が表示されます。
こちらが 4.37.0 以上になっていればOKです。
※画像はBeta版ですが、通常版でも対応しております。

設定方法

左にある「照明」の項目より、Kraken Z シリーズの中にあるプルダウンより、「Clockface」がありますので選択します。

こちらの画面になればOKです。

時計のデザインをカスタマイズしよう

時計のデザインはアナログ・デジタルの2つがあります。

アナログ

デジタルでは、「背景」「ダイアル」「秒針」をRGB指定で色を変更できます。

現時点では文字の箇所は色変更できないようです。

デジタル

デジタルでは、「背景」「ダイアル」「文字」の色を変更できます。
「ダイアル」「文字」は単色、「背景」はグラデーションで指定できます。

まとめ

「NZXT Kraken Z」シリーズの液晶モニターは、主にGIF画像・PCモニター情報を表示することができます。
ただ、あまり興味が無い・・・と思うかもしれません。
時計だと実用性が高いですし、デザインもカスタマイズできますのでかなり嬉しいアップデートだと思います。

https://twitter.com/mt8il/status/1545182107613667328

この機会に、簡易水冷が無い方も導入してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents