【NZXT H9 Elite】をレビュー。PC内を魅せるなら必見のPCケース

当ページのリンクには広告が含まれています。
めてお

こんにちは。当ブログをご覧いただきありがとうございます。
管理人の「めてお」です。

さて、2023年1月20日にNZXTより、新型ケース『H9シリーズ』が国内販売されました。
つい先日にH7 Eliteに換装したばかりでしたが、H9 Eliteのデザインに惹かれて欲しくなりました。

早速ホワイトカラーを購入し、満足な組み上がりになりましたので、
組み立てから外観まで、思ったことを全てこの記事でまとめます。

 
 

Contents

外観・付属物

外装

外装はNZXTカラーの紫と白のデザインです。
製品によっては茶色のダンボールカラーがあるようですが、決まりがあるのでしょうか。

ダンボールの大きさは約350mm×560mm×560mm。
大きいですが、取手がありますので持ち運びはそこまで難しくなかったです。

外装

箱を開けると、ケース上下に発泡スチロール、さらにビニール袋で包まれておりました。

箱を開けたときの状態

 

付属品

ケース内には小分けにされたパッケージが入っております。

パッケージの中に入っているもの
  • 天面用140mmファンのラジエーター
  • ネジ類
  • 結束バンド
  • 説明書

 

外観

H9 シリーズの特徴ですが、側面に支柱がない今まで以上なスタイリッシュなケースです。
斜めから見てもケース内を一望することができます。

めてお

オシャレなPCパーツが増えてきている中、
見た目重視のPCケースが増えているので需要にあっていいですね。

正面からの外観です。
サイド側に、NZXT F120 RGB DUO」ファンが3基搭載されております。
NZXT F120 RGB DUO」は、両面側がリング状に光るようになっております。

なお、こちらのファンは単品でも販売されております。
さらに3基セットの場合は、RGBコントローラーも付属します。

後述しますが、NZXTのファンで揃えるとRGBのコネクタが不足するので、
追加購入を考えている方は3基セットをおすすめします。

NZXT
¥3,291 (2024/03/03 03:19時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon
\\新生活SALE開催中!//
Amazon

PCケースのサイズ:466mm × 290mm × 495mm

リア側に、F120Qファンが1基搭載されています。
※このファンは光らないので、必要ならば単品でDuo Fanを購入しましょう。

また、正面下部に『NZXT』ロゴが印刷されています。
シックで美しいです。

ちなみに、ブラックカラーではスモークガラス仕様となっております。

裏面はメッシュ+フィルターの二重構造となっております。
エアフローの効率は良さそうなのが一目瞭然です。

H9 Eliteは、NZXT製ケース初のデュアルチャンバー構造を採用しております。
電源・ストレージ(左側)とマザーボードの搭載(右側)、2重構造になっているのが分かります。

上から見るとこんな感じです。
Eliteでは天面も全面ガラス仕様。
電源ボタンの列に排気用のメッシュ+フィルターが備わっております。

120mmファン用のラジエーターが装着されていますが、
必要に応じて付属品の140mmファン用ラジエーターに替えることができます。

天面に電源ボタン等が備わっており、下記の画像の通りになっております。

天面ボタン

ちなみに、底面には引き出し式のフィルターが搭載されています。

底面のフィルター

以前使っていたH7とサイズを比較してみました。
奥行き以外がほぼ変わりないことに驚きです。

 

内部

H9 Eliteでは、正面・天面・裏面のパネルを取り外すことができます。
正面・裏面はネジ止めされており、ある程度緩めれば外せます。
天面は後ろ側にある、くぼみから上に押せば簡単に取れるようになっております。

カバーを外す
正面
裏面
天面

裏面の内部はこのようになっております。

HDD / SDDマウント

SSDマウントブラケットを開けると、ケーブル用のマジックテープが装着されたケーブル収納箇所が現れます。

2.5インチのHDD/SSDを最大4台装着できるようになっております。
ちなみに不要の場合は取り外すこともできます。

SSD装着
2.5インチHDDを1台装着してみました

3.5インチのHDDを最大2台装着できるようになっております。

HDD装着
HDD用トレイ
外して装着してみました

電源

電源の装着は裏面中央のプレートの上に乗せれてネジ止めすればOKです。

装着する際は電源ファンが外側に向くようにしてください。

電源の装着方法

電源は、CORSAIR HX1200を装着しました。
電源本体の横幅が200mmですが、難なく入ります。

実際に装着してみました

RGB・ファンコントローラー

H9 Eliteにはファンコントローラ RGB & Fan Controller (V2) ブラック AC-CRFR0-B1が標準搭載されています。

ファンコントローラ RGB & Fan Controller (V2) ブラック AC-CRFR0-B1
NZXT
¥5,140 (2024/02/25 21:05時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon

ファンポートは3つ、さらに分岐のスプリッターで最大9個同時に制御できます。

NZXT専用RGBポートは6つ搭載されているので、最大6個制御できます。
しかし、10個搭載する場合は別途ファンコネクタが必要になりますので注意。

※ちなみに単品120mm×3個セット・単品140×2個セットにRGBコントローラーが付属しております。

\\新生活SALE開催中!//
Amazon
\\新生活SALE開催中!//
Amazon

コントローラーの増設により、お使いのマザーボードによってはUSB 9ピンの指すスペースが無くなる可能性がございます。
その場合は、NZXTからリリースされている「Internal USB Hub」を購入されることをおすすめします。

NZXT
¥2,809 (2024/02/26 07:41時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon

ファンコントローラーの接続方法はSATA電源・USBコネクター。
NZXT CAMでファンの速度・RGBを制御できるようになります。

RGBとファンコントローラー接続方法

ケーブル接続

(写真撮るのを忘れましたが、)H9 Eliteには下記のケーブルが内蔵してあります。

  • インテル® NUC用フロントパネルヘッダー
  • USB 3.2 GEN 2 TYPE-C
  • USB 3.2 GEN 1 TYPE-A
  • HD AUDIO
めてお

自作PCの難関といえる、フロントパネルのコネクターが1つにまとまっているのは助かりますね。

ケーブル

対応ファン・ラジエータ

H9 Eliteに取り付けれるファンは最大10個です。
ハイエンドの性能でも、これだけ搭載できれば安心して冷却できそうですね。

詳細は下記の通りになります。

天面部分
  • 120mmファン×3 または 140mmファン×2
  • ~360mmラジエーター
側面(吸気)部分
  • 120mmファン×3 のみ ※140mmファンは装着不可
  • 120mm, 240mm, 360mmラジエーターのみ ※140, 280mmラジエーターは装着不可
側面(排気)部分
  • 120mmファン×3 のみ ※140mmファンは装着不可
  • 120mmラジエーターのみ ※140mmラジエーターは装着不可
底面部分
  • 120mmファン×3 または 140mmファン×2
  • ~360mmラジエーター
対応するサイズのファン・ラジエーター

NZXT H9 Eliteのセットアップ

早速、H9 Eliteでセットアップをしてみました。

なお、グラフィックボードを縦置きで装着するには、別売のNZXT製の専用マウントが必要です。

\\新生活SALE開催中!//
Amazon

PCパーツを白で統一すると、電源OFF時でも美しく感じます。
さらに、支柱がないおかげで、斜めから見てもケース内部を一望することができます。

セットアップ 電源OFF

電源ONでライティングをしてみました。

セットアップ 電源ON
セットアップ 電源ON ズームアップ
セットアップ 正面

グラフィックボードは『Gigabyte GeForce RTX 4080 16GB AERO』を使用しております。
RTX4000シリーズはグラボが大きいことで有名ですが、H9 Eliteなら余裕で入りますね。

めてお

グラボによっては斜めになってしまうので、
別途サポートステイを用意した方が良さそうです

セットアップ 正面
長尾製作所
¥1,727 (2024/02/28 05:31時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon

こちらは裏面からの写真です。
組み立て前は配線丸見えになってしまうと思いましたが、
メッシュ+フィルターの二重構造のおかげで分からないですね。

セットアップ 裏面

こちらは天面の写真です。
撮影当時はDUOファンが国内販売されていませんでしたので、CPU簡易水冷のラジエーターを天面に装着してみました。

Eliteの場合だと見た目的には良くないですね・・・
ラジエーターを天面に取り付けるなら、H9 Flowの方が見た目・金額的にも良さそうです。

セットアップ 天面

後日、DUOファンを購入して天面に設置しました。
ラジエーターと比べると、圧迫感が一切なくなったのが分かります。

さらに、レインボーのライティングに変更してみました。
「ゲーミング感」が出て、圧倒的な存在感を生み出してくれます。

まとめ

最後に、個人的に良かった点・悪かった点をまとめます。

NZXT H9 Elite
メリット
  • NZXTでしかできないスタイリッシュなデザイン、白・黒で統一されたカラー
  • 支柱が無いのでPC内部を斜めから見ても一望が可能
  • 最大10台のファンが搭載可能
  • デュアルチャンバー構造なので配線にも余裕があり
  • RGB・ファンコントローラーが付属
  • NZXT CAMで回転速度とライティングのカスタマイズが可能
  • 大型のGPUを装着可能(最大幅435mm)
  • HDD, SDDを計最大6台搭載可能
デメリット
  • 価格が高価(税込 37,400円)
  • GPUを縦置きするには別売で専用マウントが必要 (GPUによっては斜めになるのでサポートステイもあると安心)
  • ケース付属のRGBコネクタが最大6つまでなので、それ以上制御する場合は別売でコントローラーが必要 ※複数セット商品にRGBコントローラーが付属しています。

いかがでしょうか。
最近だとホワイトカラーで統一されたPCが流行っております。

NZXTではホワイトカラーのPCパーツも出揃っておりますので、
ホワイトPCを目指している方にもオススメしたい一品です。

めてお

本記事は以上になります。
ここまで見てくださりありがとうございました!

NZXT
¥58,800 (2024/03/01 01:15時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon
NZXT
¥18,380 (2024/03/02 07:40時点 | Amazon調べ)
\\新生活SALE開催中!//
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents