FlexiSpotのオフィスチェア【C7 Air】をレビュー。3万円台で手に入る快適な座り心地 | PR

当ページのリンクには広告が含まれています。
めてお

こんにちは。当ブログをご覧いただきありがとうございます。
管理人の「めてお」です。

昨年、私はFlexispotの昇降デスク「E7 Pro」についてのレビュー記事を公開しました。
皆さんがFlexispotについて思い浮かべるイメージとして、まず最初に「昇降デスク」が挙げられるでしょう。

そんなFlexispotですが、昇降デスクだけでなく、
チェア・ソファ・ベッドなどといった家具製品も取り扱っていることをご存知でしょうか。
その中でも、デスクワークのお供として最適なオフィスチェアは、昇降デスクと一緒に購入するのにもおすすめです。

オフィスチェアの価格帯は、安いものだと1万円からありますが、
高級なものになると20万円以上かかることも・・・。
しかし、本記事で紹介する「C7 Air」は、高級チェアに匹敵する性能で3万円台で手に入るという驚き。
初めてオフィスチェアを導入される方にも嬉しい価格帯となっております。

本記事では、FlexiSpot C7 Airを組み立てから座り心地の確認まで行い、
実際に使ってみた感想をまとめていきます。

めてお

Flexispotの昇降デスクと一緒にオフィスチェアの導入を検討されている方にも、ご参考になれば嬉しいです!

【PR】
本記事は、FlexiSpotJP様より「FlexiSpot C7 Air」サンプル品をご提供いただき作成しております。

FlexiSpot
¥39,800 (2024/06/11 11:54時点 | Amazon調べ)
Contents

FlexiSpot C7 シリーズの概要

Flexispot C7 Air には、同シリーズで「C7」もございます。
こちらとの違いを確かめるため、一緒に掲載します。

仕様

スクロールできます

C7

C7 Air
カラーブラックブラック
重量21.6kg21.6kg
背もたれ素材メッシュメッシュ
座面素材ウレタンメッシュ
リクライニング128°128°
サイズ
耐荷重130kg130kg
座面高さ範囲119.5~134.5cm119.5~134.5cm
保証3年3年
価格34,800円39,800円
各製品の比較 画像は公式サイトより引用

C7 と C7 Air の違いは座面の材質と価格のみです。
座面の材質の違いは、公式サイトでは下記の通り記載されております。

ウレタン製(C7)メッシュ製(C7 Air)
密度が45kg/m³ほどと高く、一般的な椅子よりも耐久性も高くなっています。
加えて、座面に厚み(約6cm)があり柔らかいので、仕事以外の時間も快適に使用できます。
全面にメッシュを採用。
弾力性と耐圧分散に優れ、一点に負荷がかかりにくいので、長時間座ってもお尻が疲れにくいのが特長です。

ウレタン・メッシュどちらとも座り心地が良くなるように設計されているようです。
提供でいただく際に、C7 と C7 Air どちらかを選ぶことになりましたが、
私は通気性を重視してメッシュ製のC7 Airを選びました。

めてお

なお、今現在は店舗での展示はされていないので
座り心地を確かめることはできないようです…

また、Flexispot C7 Air は到着後自分自身で組み立てする形になりますが、
公式サイト上での購入のみ、追加オプションで現地組立(らくらく家財宅急便)が選択可能となっております。

主な特徴

  • 座面を「メッシュ製」「ウレタン製」から選べる
  • 多くの調整機能が搭載
  • 3万円台でコスパ ◎
  • 安心の3年保証

FlexiSpot C7 シリーズには、なんと多くの調整機能が備わっております。
前述でもお話ししましたが、これで3万円台で購入できるのが驚きです。

めてお

なんと、以前紹介したCOFO Chair Premium(8万円)
匹敵するほどの多機能です!

画像は公式サイトより引用

開封・組み立て

外装

梱包サイズは比較的大きめなサイズとなっております。
重量も約25kgと重めですが、オフィスチェアが入っていると思えば当然とも言えるでしょう。

めてお

私は無理やり一人で運びましたが、最低でも二人で運ぶか、
玄関で箱を開けてパーツ単体を持ち運びしたほうが良さそうです。

梱包サイズ:73 x 65 x 45cm
重量:約25kg

箱の中身をすべて取り出すと下記画像の通りになります。
組み立てに必要最低限のものが入っており、六角レンチは付属していますが手袋はありません。

また、組み立てする際に床を傷つける可能性もありますので、心配な方は外装の段ボールを敷物代わりとして使用するのが宜しいでしょう。(ちなみに私は敷かずにそのまま組み立てております。)

組み立て

Flexispotには、組み立て方法が記載されたマニュアルも同梱されており、すべて日本語で記載されています。
ちなみに、公式サイト上でもPDFが公開されていますので、スマホで見ながら行いたいときはこちらを確認すると宜しいでしょう。

STEP
キャスターを取り付け

レックフレームにキャスターを5箇所取り付けます。
取り付けは全て圧入式なので、奥まで差し込めばOKです。

めてお

取り付け時に、キャスターがうまく差し込めないことがありました。
そんなときは、キャスターの向きを画像の通りにして差し込んだらスムーズにできる場合がありましたのでご参考までに!

STEP
ガスシリンダーを取り付け

Step1で組み立てたものに、ガスシリンダーをそのまま差し込みます。
ネジ類は一切不要で、こちらも差し込むだけでOK。

STEP
座面部分にアームレストを取り付け

付属のボルトを使用して、座面部分にアームレストを取り付けます。

めてお

注意点として、説明書の通りの向きでやると座面部分を浮かす必要があるので、向きを横にして取り付けたほうが良さそうです。

STEP
座受⾦具を取り付け

Step3で組み立てたものに、座受金具を付属のボルトで取り付けます。
向きは「FRONT↑」のシール同士を合わせればOKで、人目で分かるようになっています。

めてお

座受金具は重たいので腰を傷めないように!

STEP
背もたれ部分を取り付け

Step4で組み立てたものに、背もたれ部分を付属のボルトで取り付けます。

STEP
チェアの組み立て

Step5で組み立てたものに、Step2で組み立てたガスシリンダー部分に差し込みます。

ちなみに、画像のように上から差し込んでも穴部分が確認できないので、
横向きにして確認しながら差し込んだほうがやりやすいです。

STEP
ヘッドレストの取り付け

Step6で組み立てたものにヘッドレストを付属のネジで取り付ければ完成です。

実際に組み立ててみた感想として、組立自体はさほど難しくなくて1人でも可能な範囲でしたが、
キャスターがうまく差し込みできないといった細かい点が気になりました。

めてお

他の方のレビューで組み立てに関する内容が挙げられていたので、
なるほどな~と感じました。

セッティング・外観

組み立てが完了しましたので、デスク周りに設置してみました。

私のデスク周りは白基調となっており、全て黒色で構成されたオフィスチェアは圧倒的な存在感を放ちます。
だからといって合わないわけではなく、無駄の無いスッキリとしたデザインで、いろんなデスク周りにマッチしやすくなっております。

めてお

個人的には、ホワイトなどの異なるカラー展開があれば大満足でした。

後ろから見てもスッキリとしているのが分かります。
ただ、フレーム部分はナイロン製なので、人によってはチープに見えてしまうかもしれません。

ちなみに、背後部分と座面部分に「Flexispot」ロゴがあります。
気になる方もいるかもしれませんが、個人的にはそこまで主張するほどでは無いと感じております。

座り心地・調整機能など

座面の座り心地

めてお

Flexispot C7 Air を2週間ほど使用してみました。

座り心地の感想としては、メッシュ製ということもあり通気性はかなり良いです。
座面が蒸し暑くなるであろう、夏の時期には真価を発揮しそうです。

座面の硬さは、私が愛用しているCOFO Chair Premiumと比べると硬めになっていますが、
しっかりと反発力もあり、長時間座っても疲れを感じませんでした。

快適な座り心地と言っても過言ではありません。

多機能な調整機能

めてお

Flexispot C7 Air でできる調整機能は沢山あります!

座面の高さ調整

座面の高さは47.5cm~56.0cmの調整が可能です。
ちなみに、身長170cm後半の私が使用したところ、一番高くした状態でかかとが浮いてしまうほどです。
(前傾で座れば足がつきました)

高さを中の下辺りにすればちょうどの良いくらいになりましたので、
ある程度身長が高くないと厳しいんじゃないかな?という印象を感じました。

座面高さを一番低くした状態
座面高さを一番高くした状態

座面の前後位置調整

なんと、こちらのチェアは座面の高さだけではなく、前後の位置も6cm調整が可能になっております。
座る体型によってお好みで変えれるので、かなり便利です。

座面位置を後ろまで動かした状態
座面位置を手前まで動かした状態

ちなみに、座面の高さ・前後調整は座面裏の右側に付いているレバーで行います。

奥側(⇔マークがある方)が前後調整、手前側が高さ調整

座面の前傾角度調整

さらに、座面の角度も搭載されているという驚き。
特に前かがみで作業するときには重宝しそうですね。

めてお

私が愛用しているチェア「COFO Chair Premium」に搭載されていないので、なんだか新鮮さを感じました。

こちらの調整は、座面裏の後ろ側に付いているレバーで行います。

リクライニング機能

仕事の合間に少し休憩したいな・・・というときに嬉しい機能が、チェアを傾けることができる「リクライニング」
最大で128度傾けることができ、さらにお好きな位置で固定することも可能です。

こちらの調整は、座面裏の左側に付いているレバーで行います。

めてお

仕事の合間にちょっと休みたい・・・!というときに大助かりですね!
欲を言えば、フットレストが付いていれば最高でした。

可動式ランバーサポート

ランバーサポート部分は座面側に突き出ているのが特徴となっていますが、
こちらは可動式となっており、腰を当てると適度に動くようになっております。

さらに、背面側にあるレバーでお好きな位置に変えることができるので、可動式は嫌だ!という方にも安心です。

通常の状態
奥まで動かした状態

ヘッドレスト 高さ・角度調整

ヘッド部分が無いと作業が捗らない!という方もいるでしょう。
こちらも高さと角度が調整できるようになっております。
リクライニング中は角度を高くしておきたい、といった様々な用途によって使い分けできるのが嬉しい点です。

めてお

ヘッドレストの角度調整ですが、頭を添えると動いてしまうことがありました。
六角で締めればある程度抑えれますので要調整です。

ヘッドレストの角度を一番低くした状態
ヘッドレストの角度を一番高くした状態
めてお

対して高さ調整は、スムーズに動かすことができました。
固定も楽ちん。

ヘッドレストの高さを一番低くした状態
ヘッドレストの高さを一番高くした状態

4Dアームレスト

アームレストの位置を自由自在に動かせるようになっております。
調整できるのは高さだけではなく、角度・左右前後全て動かせるという多機能さ。

ハの字にしたり、逆ハの字にすることも簡単にできます。

めてお

左右前後に動かすときは、大きな力を入れなくてもOKですが、
チェアを動かすときなど、予期しないときに動くことが多々ありました。

まとめ

2週間と短い期間でしたが、
最後にFlexispot C7 Airを使用した感想をまとめさせていただきます。

Flexispot C7 Air
メリット
  • 3万円とは思えない多機能さ
  • メッシュ素材で座り心地はもちろん、通気性も抜群
  • 細かい箇所の調整が可能
  • リクライニング機能・ランバーサポートもあるのでリラックス時も嬉しい
デメリット
  • カラーはブラックのみ
  • 現時点では店頭展示がされていないため、座り心地の確認ができない
  • 見た目は価格相応のクオリティ

改めて、こんなにも多くの機能が備わっているのに3万円台で購入できるというのが驚きです。
座面がメッシュ製なのが気にならない!というかたもウレタン製のC7の選択肢があります。

調整機能などで細かい不満点をあげましたが、それでも3万円という価格帯は魅力的でもあり、初めてのオフィスチェアとしてオススメしたくなるほどのクオリティだと感じました。

冒頭でもお話しましたが、Flexispotの昇降デスクと一緒にチェアを探しているにも必見です。
気になった方は、ぜひご購入を検討してみてください。

このような方にオススメです
  • 初めてオフィスチェアを導入してみたい
  • とにかく色んな機能が備わったチェアが欲しい
  • チェアに座って長時間の作業をする
FlexiSpot
¥39,800 (2024/06/11 11:54時点 | Amazon調べ)
めてお

本記事は以上になります。
ここまで見ていただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents